自己免疫力を高める

コロナウイルスが、騒がれていますが、
何が、怖いかといえば、薬がないこととワクチンがないことですね。

そうした事態に、何も違和感を感じないと思いますが、
冷静に考えてみれば、医療は、バリバリの科学です。
そして、ウイルスは、生き物です。

生き物であるウイルスに対して、バリバリの科学で対抗するわけですが、

原理の違う、世界で戦っている可能性もあるわけです。

つまり、何がいいたいかと言えば、
医療は、案外、生き物ということに対して、無頓着で無関心なのです。

ですから、薬が効かないからといって、そんなにおびえることはありません。

なぜなら、人間には自己免疫力があり、それはウイルスと同じ生き物の世界の力なのです。

むしろ、薬によって自己免疫力が、妨害されるようなことがあるのなら、

そうしたことの方が、深刻なお話かもしれないのです。

そして、間違えて欲しくないのは、自己免疫力は、精神では、なかなか鍛えられません、

なぜなら、はやりすむ世界がちがうからです。

自己免疫力は、どちらかといえば、身体のほうが近しい存在だと思います。

頑張るぞ~と叫んでも、多少はいいと思いますが、たぶん、だめなのです。笑

そうなのです。要するに身体を使うことが、

そのまま自己免疫力を高めることになるのかもしれないわけです。

しかし、この場合の身体を使うということが、ランニングやスポーツジムなのどの運動ではなくて、

文化をとおした身体の動きが大切で、そのことが自己免疫力を高めるのだと思っています。

そうしないと、生き残れない、文化の力添えがあるからこそ、

自分を越え種を保存する力を出すことができるのだと思うのです。

文化を通した身体の動きってなんだ?と思われるかもしれませんね。

それには、まず着物を着ること。

そして、着物をきて動くこと。

これは、すごく簡単にアプローチできる文化では、ないでしょうか?

そして、また日本文化にとって、着物は、最後の砦でもあると思っている次第です。

日本人が生き延びるという以前に、文化が滅びれば、人は滅びるわけですから、万事休すです。笑

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る