大嘗宮の一般公開に行ってきました。

令和の時代になりまして、大嘗祭がおこなわれました。
その舞台となります、大嘗宮が一般公開されましたので、見に行きました。大変な人ごみで、なかなかゆっくり見ることはできませんでしたが、簡素な中にも、厳かな雰囲気があり、すぎなと感心するばかりです。
場所は、江戸城跡の大奥あたりになります。その昔、ここで着物を着た人たちがいろいろな儀式を重ねていたことを考えますと、不思議な感じがします。天皇さまは、束帯とかはおめしになられても、着物はめされることは無いのですよね。その理由は知らないのですが、ちょっと興味のあるところです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る