秩父銘仙

銘仙は、明治中期から昭和初期にかけて女性のおしゃれ着として
一世風靡した絹織物で、伊勢崎、八王子などいくつかの地域でつくれた
秩父銘仙はその草分け的存在。
ほぐし捺染(なっせん)の技法による、
カラフルな色使いと表裏のない仕上がりが特徴
ちちぶ銘仙館

chichibumeisen

yahoo画像検索より拝借

秩父は山に囲まれ、稲作に向かないので養蚕業が盛んでした。
その中で規格外の繭を使い「太織」と呼ばれる野良着を生産していました。
その太織が評判をよび「鬼秩父」と呼ばれヒットした
明治20年ごろ太織はめいせんの名前で販売されはじめ
明治30年三越で販売された際に「産地がそれぞれ責任もって優良品を選んだ」
との意味から銘撰の字が当てられ、その後に銘仙になった

 

和装小物・和雑貨の作家さん募集

着物ドリーマーズでは、
和装小物を委託販売していただける作家さんを募集しております。
委託料金など、応相談で、一緒にお店を盛り上げていただける方を募集いたします。
よろしくお願いいたします

Facebook

ピックアップ記事

自己免疫力を高める

コロナウイルスが、騒がれていますが、 何が、怖いかといえば、薬がないこととワクチンがないことですね。 そうした事態に、何も違和感を感…

ページ上部へ戻る