黄八丈

八丈島で生産される草木染めの絹織物
コブナグサ、シイ、マダミなど、島に自生する植物を使って
黄、樺(かば)、黒の三色に糸を染め分け、縦縞や格子に織り上げる
300年の伝統があり、国の伝統工芸品、都の文化財に指定
黄八丈ゆめ工房

kihachijyou

yahoo画像検索より拝借

普通は反物は(約11m)羽織も仕立てる時は、一疋(いちひき2反)ですが、
八丈(1丈は約3m)、つまり24mの絹織物だった。
この八丈が島の名前にもなった。

kobunagusa

yahoo画像検索より拝借

黄染はコブナグサ(別名カリヤス)を乾燥したもの

樺染はタブノキ(別名マダミ)の生皮をはいだもの

tabunoki

yahoo画像検索より拝借

黒染はシイの樹皮を乾燥させたものを用い、泥づけで仕上げる

shi

yahoo画像検索より拝借

和装小物・和雑貨の作家さん募集

着物ドリーマーズでは、
和装小物を委託販売していただける作家さんを募集しております。
委託料金など、応相談で、一緒にお店を盛り上げていただける方を募集いたします。
よろしくお願いいたします

Facebook

ピックアップ記事

自己免疫力を高める

コロナウイルスが、騒がれていますが、 何が、怖いかといえば、薬がないこととワクチンがないことですね。 そうした事態に、何も違和感を感…

ページ上部へ戻る