鍋島更紗

和更紗のひとつで、木版摺り(もくはんずり)と型紙捺染(かたがみなっせん)
を併用する独特の染色技法が使われている。江戸時代に鍋島藩で盛んにつくられていた。

nabesima

yahooの画像検索より拝借

慶長年間に来日した高麗人、九山道青によって始められ、鍋島藩の保護を受け発展する。
和更紗は手描き、あるいは型紙を使って染める方法が主ですが、
鍋島更紗は木版摺りと型紙捺染を併用する独特の技法が特徴
木版で輪郭を黒く染めてから型紙を使い、刷毛で摺り込むようにしていくつもの色彩を重ねていく。輪郭がくっきりと際立ち、コントラストの強い印象的な文様が出来上がる
参考資料

着物のふるさと・染め織り巡り

中古価格
¥1,815から
(2016/12/1 02:44時点)

  • イベントの企画主催

    イベントの企画主催 定期的に交流会イベントを主催しています。 みんなで稽…

  • 写真撮影会

    写真撮影会 行楽地に行ったり、スタジオを借りたりして 写真撮影会を企画してい…

  • お祭りへの参加

    地域のイベントへの参加 着物ドリーマーズは、地域のお祭りやイベントに積極的参加…

  • 着物の所作

    着物の所作 着物を着れる様になったら動きも出来るようになりたい。 立ち居振る…

  • 着物を楽しむお出かけ

    着物を楽しむお出かけ 着物でお出かけしたり、 着物で楽しむ企画を考えたり…

  • ワークショップの開催

    和に関するワークショップの開催 所作や日舞、つまみ細工など 色々なワークショ…

  • イベントへの参加

    グループでイベントへの参加をしています 着物ドリーマーズは、地域のイベントなど…

ページ上部へ戻る