南部菱刺

青森県南部地方に古くから伝わる伝統工芸
保湿と補強のために麻地に木綿糸を刺したのが始まり
文様がすべて菱形で構成されてことからこの名がついた
麻地の偶数目を拾って刺すことで織りなす多彩な幾何学模様が特徴
八戸ヒト・コト・モノ帖

hishisasi

yahoo画像検索より拝借

同じ青森県の津軽こぎん刺しも同様の技法ですが、こちらは奇数目で模様を刺す。
こぎん研究所

 

和装小物・和雑貨の作家さん募集

着物ドリーマーズでは、
和装小物を委託販売していただける作家さんを募集しております。
委託料金など、応相談で、一緒にお店を盛り上げていただける方を募集いたします。
よろしくお願いいたします

Facebook

ピックアップ記事

自己免疫力を高める

コロナウイルスが、騒がれていますが、 何が、怖いかといえば、薬がないこととワクチンがないことですね。 そうした事態に、何も違和感を感…

ページ上部へ戻る