京友禅

日本の着物の代名詞とまでいわれる
元禄時代に京都東山に住んでいてた人気の扇絵師「宮崎友禅斎」によって創作
染色技法、抽象的な大きい図柄がデザインされたものが多い
色彩の華やかさ、刺繍や金箔、銀箔を使った装飾などが特徴
20種の専門職人の技術によって一枚の着物が出来上がる
京友禅体験工房

kyouyuzen2

yahoo画像検索より拝借

現在は型紙を用いて染色する「型友禅」と手描きで染め上げる「手描友禅」に分けられる
主に草花をモチーフにし、黄色を含む朱系の色使いが基本。

和装小物・和雑貨の作家さん募集

着物ドリーマーズでは、
和装小物を委託販売していただける作家さんを募集しております。
委託料金など、応相談で、一緒にお店を盛り上げていただける方を募集いたします。
よろしくお願いいたします

Facebook

ピックアップ記事

自己免疫力を高める

コロナウイルスが、騒がれていますが、 何が、怖いかといえば、薬がないこととワクチンがないことですね。 そうした事態に、何も違和感を感…

ページ上部へ戻る