西陣つづれ織

西陣は京都の西陣で生産される織物の総称で、つづれ織はその技法の一つ
正式名称は、爪掻き本つづれ織。
下絵を見ながらノコギリの歯のようにギザギザした爪で
一本ずつ糸を掻き寄せて織る上げていく
糸の使い分けが他の織物にくらべて自由で絵を描くような表現が可能
西陣織の中で最も伝統的な織り技 西陣織

nishijintsudure

yahooの画像検索より拝借

西陣織の始まりは5~6世紀。西陣とは、応仁の乱の時に
山名宋全率いる西軍の陣地が敷かれたことに由来します。
戦乱の後、離散していた織り人たちがこの地に舞い戻って機織りを復活させ
その織物は西陣織とよばれるようになった

kitano

和装小物・和雑貨の作家さん募集

着物ドリーマーズでは、
和装小物を委託販売していただける作家さんを募集しております。
委託料金など、応相談で、一緒にお店を盛り上げていただける方を募集いたします。
よろしくお願いいたします

Facebook

ピックアップ記事

自己免疫力を高める

コロナウイルスが、騒がれていますが、 何が、怖いかといえば、薬がないこととワクチンがないことですね。 そうした事態に、何も違和感を感…

ページ上部へ戻る