芭蕉交布

芭蕉交布(ばしょうぐんぽう)沖縄・西表島

交布とは経糸(たていと)と緯糸(よこいと)を違う素材で織った布
芭蕉交布は、糸芭蕉の繊維から績んだ(う)糸に苧麻(ちょま)や絹を組み合わせた
八重山地方の伝統織物。糸の素材は自家栽培
染料も島に自生する植物を用い
仕上げは海晒し

・芭蕉

”mÔ

”yahooの画像検索より拝借

・苧麻(ちょま)

choma

yahooの画像検索より拝借

染料

・紅露(クール)
ソメモノイモ科・山に自生する八重山地方の伝統染料

kuhru

yahooの画像検索より拝借

・福木
オトギリソウ科の常緑樹。樹皮を黄色い染料にする

hukugu

yahooの画像検索より拝借

・琉球藍

ryukyuai

yahooの画像検索より拝借

・あかめがしわ
トウダイグサ科 落葉 グレーや黒に染まる

akamegashiwa

yahooの画像検索より拝借

・島藍

木藍とも呼ばれるキツネノマコ科、八重山地方に自生する植物

shimaai

yahooの画像検索より拝借

・くちなし

黄色系の染色となる

kuchinashi

yahooの画像検索より拝借

リンク

文化と旅する西表島

参考資料

着物のふるさと・染め織り巡り

中古価格
¥1,815から
(2016/12/1 02:44時点)

和装小物・和雑貨の作家さん募集

着物ドリーマーズでは、
和装小物を委託販売していただける作家さんを募集しております。
委託料金など、応相談で、一緒にお店を盛り上げていただける方を募集いたします。
よろしくお願いいたします

Facebook

ピックアップ記事

自己免疫力を高める

コロナウイルスが、騒がれていますが、 何が、怖いかといえば、薬がないこととワクチンがないことですね。 そうした事態に、何も違和感を感…

ページ上部へ戻る