江戸更紗

更紗が日本に伝わったのが、室町から桃山時代、南蛮美術華やかな頃
型紙摺りという手法を得て日本独自の美しい更紗になった
江戸更紗は和更紗のひとつ、人物、鳥、草花などを図案化して、
通常で30枚、精密なもので300枚の型紙を使用し、染色刷毛を使って染め上げる。

江戸更紗の源流
東京都染色工業協同組合

edosarasa

yahoo画像検索より拝借

染の里 二葉苑

 

 

和装小物・和雑貨の作家さん募集

着物ドリーマーズでは、
和装小物を委託販売していただける作家さんを募集しております。
委託料金など、応相談で、一緒にお店を盛り上げていただける方を募集いたします。
よろしくお願いいたします

Facebook

ピックアップ記事

自己免疫力を高める

コロナウイルスが、騒がれていますが、 何が、怖いかといえば、薬がないこととワクチンがないことですね。 そうした事態に、何も違和感を感…

ページ上部へ戻る