江戸更紗

更紗が日本に伝わったのが、室町から桃山時代、南蛮美術華やかな頃
型紙摺りという手法を得て日本独自の美しい更紗になった
江戸更紗は和更紗のひとつ、人物、鳥、草花などを図案化して、
通常で30枚、精密なもので300枚の型紙を使用し、染色刷毛を使って染め上げる。

江戸更紗の源流
東京都染色工業協同組合

edosarasa

yahoo画像検索より拝借

染の里 二葉苑

 

 

  • イベントへの参加

    グループでイベントへの参加をしています 着物ドリーマーズは、地域のイベントなど…

  • 着物を楽しむお出かけ

    着物を楽しむお出かけ 着物でお出かけしたり、 着物で楽しむ企画を考えたり…

  • ワークショップの開催

    和に関するワークショップの開催 所作や日舞、つまみ細工など 色々なワークショ…

  • イベントの企画主催

    イベントの企画主催 定期的に交流会イベントを主催しています。 みんなで稽…

  • お祭りへの参加

    地域のイベントへの参加 着物ドリーマーズは、地域のお祭りやイベントに積極的参加…

  • 着物の所作

    着物の所作 着物を着れる様になったら動きも出来るようになりたい。 立ち居振る…

  • 写真撮影会

    写真撮影会 行楽地に行ったり、スタジオを借りたりして 写真撮影会を企画してい…

ページ上部へ戻る